小結貴景勝(千賀ノ浦)の優勝

News

小結貴景勝(千賀ノ浦)の優勝ニュースを今朝たまたま見かけたので色々と調べて見ました!

親子二人三脚で、少年時代から相撲に取り組んできた。本名の「貴信」という名前は、父・一哉さん(57)がファンだった貴乃花親方と、戦国武将の織田信長から1字ずつを取った。夫と息子が毎日6時間を超える稽古に励む中、母として支えた。「私は本当にサポート。食事や精神面のフォローをしていました」。食費は毎月30万円もかかっていたという。

https://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20181126-OHT1T50036.html

お母様は本当は最後まで(力士になることに)反対していた」。頭からぶつかる競技は心配でならなかったということです
以下⬇️WIKI先生から抜粋しました

幼少期~小学生時代

兵庫県芦屋市出身で、本名の「貴信」は当時現役の横綱だった貴乃花から1字を取ったものであり、そこに織田信長の「信」の字を加えてある。父は「男に生まれたからには、天下を取らないと駄目だぞ」という思いを込めてこの名前を付けたという。幼少期はK-1ブームの中で過ごし、ジェロム・レ・バンナボブ・サップなどのヘビー級の選手たちの試合をよく観戦していた[4]。

佐藤は幼少時代から仁川学院小学校3年次まで極真空手を習っており、全国大会で準優勝の実績を残していたが、決勝で受けた判定に納得がいかず「おかしい判定(反則)で負けにされた。判定がある競技はやりたくないと思った」と3年生からは相撲に転向して地元の道場(関西奄美相撲連盟)に通い始めた。

父の指導で450gのハンバーグ3枚、牛丼特盛り3などを食べ続け、小学4年生の頃に30だった体重は2年で40㎏増。特にその内20㎏分の増量はいきなりであったと、後に2017年秋巡業中に行われた神取忍によるインタビューで明かしている。本人いわく「一番足が速かったのに、1年で遅くなってリレー選手に選ばれなくなった」とのこと。四つ足歩行での階段昇り、後ろ姿の坂道ダッシュなど、そのトレーニングから芦屋では父子が奇人扱いされることもあった。父は仕事があるにもかかわらず中々食べ終わらない佐藤に付き合ってくれたため佐藤は投げ出すことができなかったようであり、おかげで佐藤はハンバーグがトラウマになってしまった。小学校4年生から6年生の間までは芦屋の実家から東京にある貴乃花部屋のキッズクラブまで稽古に通っていた。小学校時代は4年次にわんぱく相撲で全国3位、5年次に2位、6年次に3位であった。

だ、そうです。私はこれを見て那須川天心や亀田興毅ファミリーが頭に浮かびました偏った教育の成功例だと思いました。
言いたいことは以上でございます。押忍👊

コメント